マンションの保証料について

マンションに入居するときには保証料を支払わなければならないことがあります。

マンションに入居するときには、保証人が求められるケースが多いです。例えば親や兄弟などが保証人になることが多く、それができないと入居できないケースもあります。保証人になれば、もしも入居者が建物を傷つけるなどの損害を発生させた場合に、オーナーは保証人に対して賠償を求めることができます。家賃の滞納などについても同じように保証人に対して支払いを求めることができます。

保証人になってくれる人がいればよいのですが、このような意味を考えれば、進んで保証人になってくれる人はおそらくいないと思います。親や兄弟ならなってくれる可能性は高いですが、親や兄弟がいなかったり疎遠になっていたりすると頼みにくいというのが実情ではないでしょうか。ですから、実際には保証人を探せない人や探したくないという人はいます。このような人であったとしても、保証会社が保証人になってくれることができれば、入居できるケースが多いです。

保証料を支払わなければならないと考えれば少しネガティブな気持ちになってしまいますが、保証料を支払えば保証人を探さなくて良いと考えれば、ポジティブに受け取ることもできるでしょう。保証料の支払いが必要なのかどうかは物件によって異なっていて、支払いが必須なマンションもあれば、保証人を用意できるのなら不要というマンションもありますから、選びたいときには不動産屋でその旨を伝えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *