賃貸住宅の原状回復とは何か

賃貸住宅における「原状回復」とは、退去時に、部屋の設備を入居時の状態に戻すという意味になります。

つまり、部屋のある部分を破損させたり汚してしまったりした場合は、その修繕やクリーニングをして元のキレイな状態に戻すということです。賃貸住宅を借りる際は、契約で原状回復の義務が入居者に課せられているのが基本であり、退去時にもしその必要があれば、入居者が費用負担をすることになっています。ただし、あらゆるケースにおいて入居者の負担になるのかというとそうではなく、貸主である大家さん側の負担になるケースもあります。それはどんなものかというと、通常に使用しているだけで発生してしまうような経年劣化のケースです。

この経年劣化の例としては、太陽光により壁紙や床板が変色してしまうことなどがそれにあたります。しかし、通常の経年劣化の範囲を超えた入居者側の過失による破損や汚れについては、入居者が費用負担をする必要が出てくるため注意が必要でしょう。例えば、タバコによる壁の汚れや、掃除を怠ったことによるカビ、そして引っ越し作業中に発生したキズなどは入居者側の過失になります。

こうした原状回復の定義については、国のガイドラインに示されているため、気になる場合はそれをチェックしておくとよいと言えます。ですが原状回復の費用負担というのは退去時にトラブルになりやすいので、契約時に、どの範囲までは入居者の負担になるのかといったことをしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *