原状回復トラブルでよくある事例は

貸借契約においては、退室の際などに敷金をめぐったものや「原状回復」について様々な問題が生じることもあります。

原状回復の中でも特に事例が多いのが、傷や損耗がどの範囲まで入居者の責任になるかという問題です。通常、損耗範囲における争点は「普通に生活をしていて出来たものか、そうでないか」という点がポイントとなります。ここでは、それを踏まえてよくあるケースやトラブルを防ぐ為の対策について見ていきましょう。まずは、「壁の汚れや床・畳のしみ」などです。壁に付着した煙草のヤニなどの汚れが、ルームクリーニングをしても取れない時や、襖(ふすま)が大きく破れているなどについては、「通常を超えたもの」と判断されるケースが多くあります。

煙草のヤニによる汚れは喫煙者が居住していれば発生しやすいものですが、これに関しては「特別な損耗」とされてしまうことが多いため、喫煙する人なら特に気を付けたい点です。次に「壁紙の剥がれや網戸の破れ」にも注意が必要です。壁紙は施工技術が低いと端の部分が少し剥がれてしまうこともありますが、そうではなく大きく剥がれている場合などは入居者の使用方法によるものとされることもあります。

網戸の破れなども同様で、日常の開け閉め以上に何か物理的な力をかけて生じたと推測される破損に関しては、「通常の損耗」の範囲を超えたと判断されるケースも少なくありません。これらの原状回復のトラブルを防ぐ為には、入居時点で賃貸契約書等に書かれている内容を賃貸人(貸主)と賃借人(入居者)の双方がきちんと細部まで確認することが肝心です。通常の範囲の損耗なのか、そうでないかは国土交通省が定めたガイドラインに則り、協議することが望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *