最近は原状回復費を抑える居抜きが人気です

法律で賃貸借契約が終了すると、借主は元の状態に借りているものを戻して貸主に返却するのが義務化されています。

住居の場合は原状回復のガイドラインが定められていて、普通の生活の中で発生する色あせや家具の設置後などは補修する場合は貸主が負担するのが一般的で、借主の過失や不注意による傷や汚れなどは借主が原状回復費を負担する事が一般的です。

ですがオフィスの場合は規模や形態などがまちまちで簡単にはガイドラインを作るのは難しく、多くの場合は使い勝手を優先にして壁を建てたり空調の位置を変更する場合も多く、入居後に変更したり造作したものは全て取り除いて元の状態にするスケルトン渡しが一般的です。最近は借主の回復費や借主の新しく環境やオフィスを整備する費用を軽減する目的で、借主は原状回復を行わずに貸主に返却して、貸主はそのままの状態で新しい借主に貸し出し居抜きという方法が人気です。

特に店舗などの場合は、原状回復に要する日にちや、新しく造作する期間を短縮できてすぐに利用できるメリットがあり、これは借主だけではなく貸主にとっても魅力的な方法です。オフィスや店舗の場合は面積が大きいと原状回復に要する費用はとても大きな金額になり、まだ新しい状態なのに解体してしまう事や、次の入居者がまた一から造作を作ることは資源や環境的にも無駄がありますので、退去が決まった段階で借主は貸主側に居抜きの提案や相談をすることも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *