原状回復のトラブルに巻き込まれないために

賃貸物件を借りている場合に、退去する時には原状回復と呼ばれる借りた部屋をきれいにして返却する義務が発生します。

しかし、この原状回復というのは賃貸物件で起こるトラブルでもっとも多いものであり、本来であれば返却してもらえるはずの保証金が戻ってこないばかりか、費用をさらに請求されるということも珍しくはありません。賃貸物件を何度も借りている人にとっては、その対策のしようもありますが、はじめて退去を経験する場合には対策が行えず、トラブルとなることが多いものです。

確かにきれいにして返却することは契約によって定められているものですが、悪質な業者の中には過度な負担を押し付けるところもありますから、事前の対策が欠かせません。原状回復のトラブルに巻き込まれないためには、入居する前に部屋を入念に確認することで、問題があれば不動産会社や管理会社の人と話し合っておき、また写真を撮っておくなどの対策があります。いずれにしても証拠がなければ、義務がないとは言い切れませんから、押し切られてしまうものです。

また契約書でも原状回復の条文の確認も欠かせないもので、退去時のルールが明確に定められているか、または入居者にとって不利なものでないか確認することが大切です。それと、やはり住むさいには原状回復を行わなければならないような生活をしないことを心がけることが必要になります。このため日常的に最低限は掃除をしたり、可能な限り傷つけないような工夫をして生活することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *